サイズの種類

パンフレット作成の豆知識、パンフレットサイズの種類

サイズの種類パンフレット作成を企画する時、掲載する内容や魅力を伝えるための手法、パンフレット全体の構成やデザイン、そしてパンフレット作成を行う目的を考えて行くことになります。また、パンフレット作成を行う上で、競合する企業が多い場合などでは、他社とは違った工夫をパンフレットに取り入れる事がライバル企業に勝つ結果にも繋がります。

表紙に工夫を凝らして、パンフレットに興味を抱かす方法、パンフレットのページの中にポケットを付けておいて、そこに見積書や名刺、その他の書類を入れる事が出来る仕様にするなど、ライバル企業との差別化を図る事で売れるパンフレット作成が実現します。
所で、パンフレットを印刷する時と言うのは、ページ毎に印刷を行うのではなく、大きな用紙に数ページをまとめて印刷を行うケースが多く在ります。

例えば、12ページのパンフレットの場合、A4仕上がりで中綴じ製本の場合は、A3の用紙を3枚使う事で1冊のパンフレットを作ることが出来ます。
この場合、大きな用紙に3枚分の印刷を行えば、ページ毎に印刷を行わずに済むため、1度の印刷で全ての印刷が完成する事になります。

また、数ページを1枚の用紙にまとめて印刷を行うため、断裁の工程が必要になりますが、余白を設けておくことで断裁時のズレなどが起きても、ページの端が途切れないなどのメリットも在ります。
尚、パンフレット作成を行う時にページ全体に写真を掲載したい、ページ全体にデザインを作り出して印刷をしたい場合が在ります。

この時、ページの際ギリギリに写真を入れたり、デザインを作り出しておいた場合、断裁時に余白が出来てしまう事もあるため、写真などを大きく掲載したい時などは余白に少し掛かるくらいの余裕を入れておくのがコツです。
尚、パンフレットの大きさの多くはA4仕上がりサイズなどが一般的ですが、サービス紹介などのパンフレットを作り時などは、A5やA6と言った大きさにする事も可能です。

また、変形サイズとしてパンフレットを作ることも出来ます。
例えば、A4の仕上がりサイズと言うのは、297mm×210mmになりますが、縦方向は297mmにして、幅を半分の105mmにして縦長のパンフレットにする事も出来ますし、縦横の幅を297mmにして正方形の形に仕上げる事も出来ます。

そのため、パンフレットを作る目的を明確にすることで、どのような形にしたいのか、どのようサイズにするのが魅力を伝えやすくなるのかと言った事を把握する事が出来ます。