役割について

パンフレット作成が果たす役割について

役割についてパンフレットには新しい取引先を見つけ出す役割や会社が提供している商品やサービスを魅力的にアピールする役割などがあります。
パンフレット作成のプロセスとして、パンフレット全体のコンセプトを決めて、そのコンセプトに基づいた構成を考えていきます。

例えば会社案内のパンフレット作成の場合は、会社の理念や、会社の業務内容だけでなく、会社のこれまでの歴史である沿革についても大切なコンテンツの一つになります。
会社の組織が変更された日にちや変更内容だけでなく、その会社の代表的な商品が発売された日にちなど、時間の経過に沿って掲載していきます。

その当時の写真などを掲載すると、読み手側はその会社の歩んできた道のりを窺い知ることができ、親近感を与える役割もあります。
会社案内のパンフレット作成の場合は、会社の概要についての情報も大切な構成要素の一つです。

その会社が設立された年月や、会社の住所、資本金などの会計のデータや、所属している社員の人数などを表などにして掲載していきます。
一般的にはパンフレットの最後のページに記載されます。

パンフレットを構成する要素が決まったら、次のパンフレット作成のプロセスは形状の決定になります。
パンフレットの形状には二つ折りになっているシンプルなパンフレットや、スタンダードな三つ折りのパンフレットもあります。

左側を見開いてから右側を見開く形の観音折りのパンフレットは読み手がただ順番に読んでいくだけでなく目にする順番が決められるので色んな演出を工夫することができるパンフレットになります。
パンフレット作成を承る業者では様々なサイズのパンフレットを用意していますので、様々な依頼に応えることができます。

パンフレットの形状が決まったら、次はレイアウトを決めていき原案を作っていきます。
写真を掲載する数や、文章のボリューム、効果的なキャッチコピーの配置などを考えながらレイアウトを決めていきます。

伝えたいことは山ほどあるとは思いますが、あまり情報をあれこれと詰め込んでしまわないということが重要なポイントになります。
最もターゲットとなる顧客に訴えたいことを一番広くとれる紙面に割り当てます。

折り込み型のパンフレットについてはページを見開くことによって大きなレイアウトができるというメリットがあります。
完成したパンフレットを想像しながら文章のボリュームや写真のサイズなどを効果的にレイアウトできるようにします。